医療人のための放射線防護学
[高田 純の放射線防護学入門シリーズ]
医療人のための放射線防護学


著者:高田 純(札幌医科大学教授)

■A5判・並製 ■144頁
本体価格 1,800円(税別)
2008年3月11日発行
ISBN978-4-86003-387-3


 現代医療で利用の拡大が進む核放射線技術。その安全に関わる医療従事者に必要な放射線防護学の知識を体系的に整理し,独習書や短時間の講習会,学部・修士課程の教科書として利用できる内容とした。


  第1章 医療における放射線防護の考え方(28KB)
  第2章 核と放射線の科学(105KB)


著者略歴
はじめに


目次
詳細な目次を見る
第1章 医療における放射線防護の考え方
第2章 核と放射線の科学
第3章 核放射線の人体影響
第4章 核放射線診療と防護
第5章 放射線事故と緊急被曝医療
放射線防護に関する基礎用語
索引(PDF:20KB
例題目次

コラム
放射線滅菌/高線量と寿命短縮/ビキニ被災と二世への影響/ビキニ被災と内部被曝


関連記事
●日本放射線影響学会のHPに書評が掲載されました。
  Top> 刊行物>書評・その他

海外の緊急被ばく医療を調査

 

左記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。