[高田 純の放射線防護学入門シリーズ]
核と放射線の物理

―放射線医学と防護のための基礎科学―

著者:高田 純(札幌医科大学教授)

■A5判・並製 ■152頁
本体価格 1,800円(税別)
2005年4月18日発行
ISBN4-86003-353-1


 物理原理,物理現象をはじめ,基本粒子エネルギーの数値的な理解を順序だて,核医学の原点,放射線と人体との相互作用を学ぶ出色の現代医学物理学入門。

著者からのメッセージ

  第2章 現代物理学の基礎(36KB)


著者略歴
はじめに


主要目次
詳細な目次を見る
第1章 医学物理序論

第2章 現代物理学の基礎

第3章 核の構造

第4章 核の崩壊

第5章 核反応

第6章 放射線と物質との相互作用


索引(PDF:37KB

コラム
放射線滅菌
陰陽説
アルバート・アインシュタイン
力の4種
中性子星
陽電子放射断層撮影装置(PET)によるがん診断
ベルゴニー・トリボンドーの法則
リニアック
ガンマナイフ
DNAの2本鎖切断とLET
HIMAC


正誤表
出典リンク元 http://rpic.jp/issue/book.html
高田純の放射線防護学入門シリーズ
『核と放射線の物理』の項目参照。

関連記事
『核災害に対する放射線防護』
『核災害からの復興』
海外の緊急被ばく医療を調査

 

下記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。