研修医のための画像診断 研修医のための画像診断
 ─厳選症例から学ぶ基礎知識

監修: 櫛橋 民生 (昭和大学横浜市北部病院
放射線科 教授)
編著: 浮洲 龍太郎 (昭和大学横浜市北部病院
放射線科 講師)

■A4判・並製 ■328頁
本体価格 5,000円(税別)
2007年8月18日発行
ISBN978-4-86003-378-1


画像診断の“?”を“!”に
研修期間中に学ぶべき画像診断学の2つの基本をこの1冊でマスター。
(1)目的となる診断に対してどの画像検査をどの順序でどのような方法で行うか知ること
(2)解剖学的知識をふまえて異常所見の有無とその所見を正確に表現できるようになること

・見開き2頁に,単純X線写真からCT,MRI,超音波,血管造影に至る最新の画像を大きく掲載し,疾患概念や臨床的特徴,モダリティの選択と撮影法,画像所見のポイントをわかりやすく簡潔に紹介.章末にはさらなる知識の充実を図れるようQAを配した.
・巻末には日常的によく使われる略語の一覧をまとめ,略語と日本語も対比できるようにしたほか,放射線学的用語として放射線診断と関連深い事項を簡単にまとめた.

1.脳神経(288KB)

はじめに

主要目次 詳細な目次を見る
1.脳神経
2.頭頸部
3.胸 部
4.腹 部
5.婦人科
6.腎尿路
7.骨軟部
8.外 傷
9.小 児
略語集
用語集

関連
診療放射線技師に知ってほしい画像診断-胸部
PACSの構築と運用のすべて
MRIプロトコール集

臨床研修医のための画像医学教室―小児科領域
臨床研修医のための画像医学教室―脳神経領域

正誤表(PDF)
第一版第1刷(2007年8月18日発行)に誤りがありました.ここにお詫びして訂正いたします.


 

左記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。