超基礎講座 CRの実践

Amazon なか見!検索


CR 超基礎講座
(2017年6月刊)

超基礎講座 CRの実践

監修: 中前 光弘
編著: 関西地区CR研究会

■B判・並製 ■80頁
本体価格 2,000円(税別)
2016年6月19日発行
ISBN978-4-86003-478-8


本書では,CR画像の処理を「ImageJ」にて体験しながら,その特徴や使用方法を習得することができる。「習うより慣れよ!」のことわざどおり,本書のとおりに「ImageJ」を使いこなしてみよう。一般撮影を研究する診療放射線技師のみならず,他のモダリティの研究を志す有志や学生,その他のメディカルスタッフにとって最も有益なCR画像処理の入門書。

Windowsパソコン上で画像処理ソフトImageJを使って,CRを実践的に理解できるように企図しています。本書を読む前に,データを医療科学社のホームページよりダウンロードしてください。詳細は本書をご覧ください。

本書P.3訂正(2016年6月19日発行)PDF

監修序
執筆一覧

主要目次
1 概要 画像処理ソフトウェア ImageJ
 1)ファイルを開く(DICOMデータの場合)
 2)ファイルを開く(RAWデータの場合)
 3)照射野内のヒストグラムを見てみる
 4)濃度変化をグラフ化する
 5)DICOMタグを見てみる
 6)ROIを取って画像解析する

2 画像処理 EDR
 1)EDR AUTOモードの流れ
 2)分割認識処理と照射野認識処理
 3)微分処理(一次微分演算)
 4)二次微分フィルタ(ラプラシアンフィルタ)
 5)ヒストグラムの実習
 6)頚椎用照射野認識処理(AUTO NECK)の実習
 7)最大値収録方式の実習
 8)平均値収録方式の実習

3 画像処理編
 1 階調処理
  1)胸部画像を開く
  2)LUTを確認する
  3)LUTを変更する
  4)WW/WLを確認する
  5)GPの変更
    ○階調処理(GT)の変更
    ○階調処理(GA)の変更
    ○階調処理(GS)の変更
 2 周波数強調処理
  1)周波数強調処理の概要
  2)RNの変更
  3)REの変更
 3 ダイナミックレンジ圧縮処理
  1)ダイナミックレンジ圧縮処理の概要
  2)低濃度補間
  3)高濃度補間
 4 マルチ周波数処理
  1)マルチ周波数処理の概要
  2)マルチ周波数処理の実際