医師・看護師・診療放射線技師のための呼吸器内視鏡実践マニュアル


Amazon なか見!検索

おすすめオンライン書店は
こちら→●
国立がん研究センター中央病院
医師・看護師・診療放射線技師のための

呼吸器内視鏡実践マニュアル


監  修: 荒井 保明・那須 和子・麻生 智彦
責任編集: 出雲 雄大

■B5判 ■288頁
本体価格 7,000円(税別)
2015年4月1日発行
ISBN978-4-86003-460-3


本書の最大の特徴は,“医師”だけでなく,呼吸器内視鏡に携わる国立がん研究センター中央病院のすべてのスタッフが,「医師・看護師・診療放射線技師のため」に一丸となって「実践マニュアル」としてまとめたことにある。基本的な事項から,最新技術まで,写真やシェーマをふんだんに用いて解説,呼吸器内視鏡に関わるすべてのスタッフに必携の書となっている。

組み見本01 組み見本02
組み見本03 組み見本04
組み見本05 組み見本06
組み見本07 組み見本08
画像をクリックすると
拡大します。
 

推薦の辞: ・公益財団法人東京都予防医学協会
  健康支援センター呼吸器科 部長
・前 国立がんセンター中央病院
  内視鏡部 部長

金子 昌弘
推薦の辞: ・国立がん研究センター中央病院 
  内視鏡センター長 内視鏡科 科長

斎藤  豊
監修序: ・国立がん研究センター中央病院長
荒井 保明
編集序: ・国立がん研究センター中央病院
  内視鏡科

出雲 雄大
編集・執筆者一覧


主要目次 詳細な目次を見る(PDF)
第T部 診療放射線技師編
1.気管支鏡検査におけるX線透視の役割
2.X線透視装置の進歩(変遷)
3.X線透視装置の特徴
4.X線透視装置の画像処理と新たな断層撮影
5.X線透視装置の品質管理
6.気管支鏡ナビゲーションに必要なCT画像

第U部 医 師 編
1.X線透視下気管支鏡の透視/撮影条件設定
2.末梢病変における関与気管支の同定(CT枝読みの実際)
3.気管支鏡検査時の麻酔法
4.気管支鏡採取検体の処理
5.気管支鏡検査における迅速細胞診
6.気管支鏡の種類と選択
7.Basic bronchoscopy
8.Radial EBUS所見
9.ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)
10.ガイドシース下経気管支穿刺吸引針生検(GS-TBNA)
11.仮想気管支鏡専用機による気管支鏡ナビゲーション
12.画像処理ワークステーションを用いた気管支鏡シミュレーション
13.X線透視下EBUS-GSの被ばく線量
14.X線透視下経皮穿刺法
15.EBUS-TBNAによる肺門・縦隔病変の診断
16.局所麻酔下胸腔鏡による診断
17.X線透視を用いたステント留置
18.バルーン,APC,高周波による治療
19.EWSを用いた気管支充填術
20.自己血を用いた気管支鏡的肺容量減少療法
21.肺門部早期肺がんに対する光線力学的治療
22.進行がんに対する光線力学的治療

第V部 看護師編
1.内視鏡センターにおける看護師の役割
2.呼吸器内視鏡を用いた検査や治療を受ける患者への看護
3.呼吸器内視鏡を用いた検査・治療別看護手順
4.院内感染防止対策と呼吸器内視鏡検査室の環境整備
5.検査・治療別患者用クリニカルパス


索引