改訂 PACSの構築と運用のすべて
MOOK医療科学 No.3
改訂版
PACSの構築と運用のすべて
画像検査部門のIT化―Q&A100

編著者:櫛橋 民生・武中 泰樹
      (昭和大学横浜市北部病院 放射線科)


■A4変型判 ■120頁
本体価格 2,500円(税別)
2010年4月発行
ISBN978-4-86003-411-5


完全フィルムレス,ペーパーレスのPACSを2001年に導入した昭和大学横浜北部病院は,全画像の即時読影(30分以内の画像診断レポート配信)を続けてきた経験を元に,2008年にPACSのアップグレードを行った。それに伴いMOOK No.2『PACSの構築と運用のすべて』(2006年発行)を改訂。今回新たにアップグレードされたPACSを中心にQAをまとめ,PACSの新規導入およびアップグレードを検討中の施設関係者に役立つ内容とした。

  PACSの構築と運用
電子カルテとPACSの関わり(105KB)
  画像表示とレポーティングシステム(121KB)


Q&A100 目次(PDF:55KB)
あとがき

主要目次 詳細な目次を見る
1.総 論
 ・PACSの効果と導入の目的
 ・用語,単位とハードの知識
 ・IHE-JとPACS

2.PACSの構築と運用
 ・電子カルテとPACSの関わり
 ・PACSの運用
 ・検査の運用の実際
 ・システムダウンの際の対応と運用

3.画像表示とレポーティングシステム
 ・画像表示端末
 ・レポーティングシステム
 ・カンファレンス,コンサルト
 ・即時読影とその効果

4.診療放射線技師とIT化

5.教育と研究
 ・教育面からみたPACS
 ・研究面からみたPACS

6.遠隔画像診断
 ・遠隔画像診断とシステム構成
 ・大学附属病院読影室での遠隔画像診断
 ・商業ベースの遠隔画像診断の実際

7.施設間連携

8.法令・ガイドライン


スポンサーサイトへ
 コヴィディエン ジャパン(株)
GEヘルスケア・ジャパン(株)
横河医療ソリューション株式会社
日本メジフィジックス(株)
シーメンス旭メディテック(株)

 

左記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。