ひと目でわかる腹部・消化管エコー『実践編』 ひと目でわかる
腹部・消化管エコー
『実践編』


著者: 杉山 高 (浜松南病院)

■A5判・並製 ■168頁
本体価格 3,500円(税別)
2009年3月20日発行
ISBN978-4-86003-393-4


 規則性,再現性,簡便性に優れた「“の”の字2回走査」による16画像の習熟で,腹部全臓器の検査を完結させるコンパクトサイズ版。最初に各臓器について必要な事柄と正常例を呈示し,病変の見方や描出の方法について解説。次に「疾患のチェックポイント」で,どのようなエコー像を異常例として読影するのかを模式図にて示す。患者数が年々増加の傾向にある炎症性腸疾患・感染性腸炎などの項目が加わり,より『実践編』として内容を増幅させた。


  腹部臓器の超音波(118KB)
  腹部臓器の超音波(98KB)


 (花井 洋行)
自序


主要目次 詳細な目次を見る(PDF)
超音波検査の基礎
腹部臓器の超音波
 ・肝
 ・胆嚢
 ・胆管
 ・膵
 ・脾
 ・腎
 ・膀胱
 ・子宮/卵巣
 ・前立腺
 ・腹部大動脈/下大静脈
 ・FAST
消化管の超音波
 ・食道
 ・胃
 ・小腸
 ・虫垂
 ・大腸
 ・炎症性腸疾患/感染性腸炎

関連記事
●ひと目でわかる腹部・消化管エコー『基礎編』
●表在エコーの実学
●腹部エコーの実学

杉山先生出演のDVDの紹介ケアネットより発売)
サンプルムービーもあります。
ぞうどご覧ください。
mの字走査法で出来る!乳腺超音波手技大原則
 
“の”の字2回走査法で出来る!超音波手技大原則

第1巻

第2巻

第3巻

 

ひと目でわかる腹部・消化管エコー『実践編』 左記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。