改訂 医用放射線計測学 [診療画像検査法]
改訂 医用放射線計測学

監修: 中村  實 (鈴鹿医療科学大学理事長)
著者: 渡部 洋一 (鈴鹿医療科学大学)
金森 勇雄 (鈴鹿医療科学大学)
安田 憲幸 (大阪物療専門学科校,
 阪和第二泉北病院)
中桐 義忠 (岡山大学医学部保健学科)
嶋崎 宏紀 (東海医療技術専門学校)
小野木満照 (岐阜医療科学大学)

■A4判・並製 ■224頁
本体価格 3,500円(税別)
2000年8月31日発行(第一版)
2007年3月22日発行(改訂第一版)
ISBN978-4-86003-375-0


放射線管理業務に必須の基礎科学『医用放射線計測学』の7年ぶりの全面改訂版。ICRP1990年勧告を取り入れた関係法令の改正をはじめ,Wair値の変更,日本医学物理学会の放射線治療領域における吸収線量測定法の改訂などを踏まえ,内容の全面的な見直しと加筆訂正が行われた。


改訂にあたり

主要目次 詳細な目次を見る
■第1章 電離放射線と物質の相互作用
1・1 X線・γ線/1・2 電子線/1・3 中性子線

■第2章 放射線量と単位
2・1 放射線場の量に関する単位/2・2 放射線量に関する単位/2・3 放射能に関する単位/2・4 放射線防護に関する単位

■第3章 照射線量と吸収線量の測定
3・1 照射線量/3・2 吸収線量/3・3 中性子線の線量測定

■第4章 測定器
4・1 電離箱/4・2 比例計数管/4・3 GM計数管/4・4 シンチレーション計数器/4・5 半導体検出器/4・6 熱蛍光線量計/4・7 蛍光ガラス線量計/4・8 OSL線量計/4・9 写真フィルム/4・10 化学線量計

■第5章 X線撮影領域
5・1 X線の特性/5・2 測定器/5・3 X線束の線質測定/5・4 照射線量測定/5・5 被検者の被曝線量測定/

■第6章 放射線治療領域
6・1 測定器/6・2 深部線量の測定/6・3 高エネルギー光子線束の吸収線量測定/6・4 電子線束の吸収線量測定/6・5 密封小線源の吸収線量測定

■第7章 核医学領域
7・1 シンチスキャナ/7・2 シンチ(ガンマ)カメラ/7・3 単一光子放射型CT(SPECT)/7・4 陽電子放射型CT(PET)/7・5 内部被曝線量測定

■第8章 放射線管理
8・1 放射線防護および管理に関する量と単位/8・2 個人モニタリング用測定器/8・3 環境モニタリング用測定器/8・4 作業環境の測定

■第9章 放射線計数値の統計処理
9・1 誤差/9・2 平均値/9・3 正規分布/9・4 標準偏差/9・5 誤差の伝播/9・6 平均値型検出器の統計処理

関連記事
●『放射線治療科学概論』
●『医用放射線物理学』

 

下記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。