臨床と病理のための
乳腺MRIアトラス

―画像と組織像の完全対比―


監修:土屋眞一・隈崎達夫
編集:草間 律・高山文吉


■A4判・並製 ■288頁
本体価格 9,500円(税別)
2006年8月22日発行
ISBN4-86003-359-0


 「組織型推定」が本書の主眼である。乳腺疾患は多彩な組織像を示すことから,組織型を中心にMRIをはじめ,諸検査との整合性を図ることが正確な診断につながる。
 画像診断は細胞診,針生検といった形態学的診断とは異なり,その所見がどのような形態学的特徴を有していたのかは病理組織像の切出し面と撮影面とを同一・対比にしない限り,画像所見の詳細な裏付けはできない。
 本書の心臓部である各論では,1症例を4ページにまとめ,前半の2ページはMR像の解説とその診断ポイントを述べ,後半の2ページで病理組織像と超音波検査,マンモグラフィの写真を掲載。


  第1章
 乳腺MRIのbasic science(84KB)
  第2章
 MRIをみるための乳腺病理(140KB)
  第5章
 組織型別にみたMRI画像(116KB)
  第5章
 組織型別にみたMRI画像(116KB)


推薦のことば(坂元 吾偉)
監修者序
編集者序
執筆者一覧


主要目次 詳細な目次を見る
【総 論】
第1章 乳腺MRIのbasic science
第2章 MRIをみるための乳腺病理
第3章 乳腺診療の実際とそのフローチャート
第4章 乳腺MRI診断の進め方

【各 論】
第5章 組織型別にみたMRI画像
    ●43症例〈写真800点〉
    
(症例は乳癌取扱い規約の乳腺腫瘍の組織学的分類に準じた)

関連
臨床検査技師を目指す学生のための細胞診
新版 乳腺細胞診カラーアトラス

 

下記のQRコードには書名、ISBNコードなどが入っています。
書店ご注文時などにご活用ください。